忍者ブログ

大艦巨砲主義

都内で活動してますduluduluと言うバンドの長をやってます。 またオニギリワークスと言うサークルでVOCALOID 曲を作ったりしたいます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

pcの改造その2

先日、PCのHDDを増設したのだけども
以来、本体が異様に帯熱するようになった。

もうこれは単純に排熱効率の問題。

今現在小さいケースにクールファンが1発だけ。
しかもCPUファンのみww

そのCPUファンにしても2センチくらいのヒートシンクにメガホンのような筒が被せられているだけ。


メガホンがあるせいで空気を取り込む空気の流れにもの凄い指向性が生まれててケースの網目に10センチ径のホコリが積もる。

メガホンの意味がわからない。意味がないので。


まぁほっときます。



今日のお題はケース内の温度なのだから。

1.ケースからの排熱ファンの設置。

2.買うなら何かヒカリモノが欲しい。

3.所詮小さいケースなので引越しを見越してミドルタワークラスの商品の下見。


立川のソフマップに到着。

先ず、入ってすぐレジ横にケースコーナーがあったのでケースから。


ニコ動でよく見てる毎月更新される「我々の自作機部屋」で登場する
アンテックNineHundredを発見。


今はこの後継機にNineHundred twoとTwelveHundredが主流になっているので
型落ちじゃないんだけどNineHundredが割安になっているようだ。
こんなんね↓


もし買うならコイツかなぁ…


パーツコーナーで目当ての80mmのファンを発見。
ヒカリモノで一番安い物をゲット。





今のケースで上記のヒカリモノを載せたところでケース内はグラボに邪魔されて
ケースの上半分しか冷やされないと思ったので下半分も冷やせるよう
スロットパネルに掛けて排熱できる変わったヤツもゲット。




ついでになんとなく献血してきた。
血がなかなか出なくてすごい時間かかった。


帰宅。いざ設置。

なんの造作もない。取り付けは瞬間完了。









少し時間を置いてケース内の温度を確認してみようと思う。

おしまい。

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

Copyright © 大艦巨砲主義 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

プロフィール

HN:
雲海
性別:
男性
自己紹介:
大艦巨砲主義(たいかんきょほうしゅぎ)1906年以後1920年代まで、世界の海軍がその主力たる戦艦の設計・建造方針に用いた思想である。

最新記事

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

counter

フリーエリア

忍者アナライズ